腰痛の改善~鍼灸院に通って腰痛が改善しました~

仕事で重たい荷物を持つ事が多く、以前から腰痛がありましたが、ある日酷い腰痛が起こり、整形外科に行きました。
整形外科でレントゲンを撮ってもらうと、骨と骨の間のに狭くなっている部分がある事が分かりました。
病院で、腰痛の痛み止めとシップが処方され、骨と骨の間が狭くなった部分は治らないから、腹筋や背筋を鍛えてそれでカバーしていくように医師からは言われました。

それから、腹筋や背筋を鍛える運動をするようになり、以前のように酷い腰痛は起きなくなりました。
しかし、鈍痛のような腰痛が起きていました。

同僚のすすめで通いだした鍼灸院

何か腰痛の改善方法はないかと思った時に職場の同僚から、腰痛に効く鍼灸院がある事を聞きました。
腰痛が無くなるのなら、ためしに行ってみようと、職場の同僚が教えてくれた、鍼灸院に行きました。
初めての鍼灸院で緊張しましたが、鍼灸院の先生がすぐに腰の痛みを感じる場所を言い当てたので驚きました。

鍼灸院の先生の話しでは、腰の筋肉が上手く使えていない事が原因で血流が悪くなっているという指摘を受け、鍼とお灸の治療をしばらく続けるようにアドバイスされました。
驚く事に1度の治療で、それまで感じていた腰の鈍痛がなくなり、その鍼灸院の先生の凄さを感じました。

また、鍼灸院の先生も病院の医師と同様に、腹筋や背筋を鍛える事の重要性を教えてくれ、簡単に出来る腰痛体操も指導をしてくれました。
それは、体幹を鍛える運動で、今まで続けている腹筋運動と背筋運動に加えて鍼灸院で習った腰痛体操もそれから行うようにしました。
定期的に鍼とお灸もしながら、運動は毎日続けていくうちに、以前より鈍痛の腰痛を感じる事も少なくなって行きました。
鍼灸院でも、筋肉が以前より上手く使えるようになって来ていると言われるようになって来ました。

骨と骨の感覚が狭くなってしまったのが、もう戻りませんが、それをカバーする事が出来る事は最近になって感じれるようになりました。
それからも、鍼灸院での治療と体操は続けていますが、今は痛みもほとんどなくなりました。

腰痛があると、普段の生活も辛くなりどうしても日常生活も消極的になってしまいます。
腰痛が酷い時には、外に出るのも億劫でしたが、最近では腰痛がほとんどなくなり、以前より活動的になって来ました。
病院で骨と骨の間隔が狭くなっていると言われた時には、落ち込みましたが諦めずに治療や体操などを続けて来て良かったです。
酷い腰痛も治療や運動で改善出来る事が分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です